今、2歳なかばの乳児がいまして、乳児にって近くから、お下がりとして、譲り受けたフォトにハマっている。
「リトルアインシュタイン」というディズニーの子ども向けのマンガなのですが、成人も楽しめます。
筋道は、短編1相談につき、半ぐらいだ。
注目は、その相談で1つのクラシック曲を取り上げて、
相談の中でクラシックが流れている。
実に世界中の乳児に対応してるんだなぁ。
勿論ディズニーといった内容だ。
うちの子も、先日歌や音響を好きになってきているので、一緒に歌を歌いながら見ている。
リトルアインシュタインの良いところはトライアル形のフォトだ。
キャラクターのレオが
「情熱が足りない。一緒に膝をフィフティフィフティ叩いて」
とか乳児も一緒に出場させるように相談を持って行ってるんです。
あっという間に、成人も乳児も一緒になって参加して、見分けるようになっています。
またウチの子はチャイルド座席に乗るのが不快だったのですが、リトルアインシュタインの皆もロケットに乗る時は、シートベルトしっかり閉めてるよ。って
言い聞かせてるウチにチャイルド座席におとなしく跨るようになりました。
甚だ助かりました。
色々な関連が出ているので、パターンを変え。繰り返し見ている。出会系アプリまとめました!